サービス

Serviceサービス

DX化がもたらすサービスと
安全・安心な暮らし

DX化がもたらすサービスイメージ
Wi-Fi技術を活用し、自動運転などMaasの推進、子ども・老人の見守りなど防犯システム、土砂災害・河川氾濫などの予測・監視システムの構築、スマートアプリの利用促進、行政のDX化による安心・安全な暮らしを実現します。
このデジタル田園都市構想においては、遠隔医療・診察システムの充実化、オンラインスクールなどGIGAスクール構想、リモートワーク、ワーケーションなど新しい働き方の導入による新しい生活スタイルを実現します。
さらに、スマート工場、サテライトオフィスなどの誘致により、都市の活性化を目指します。

ビジネスモデル

高速Wi-Fiサービスを利用可能

高速Wi-Fiサービスを利用可能
住民(利用者)例

地域の「困った」(高齢化・過疎・空地など)を、Wi-Fi技術によるDX化で解決します。
自治体および企業を巻き込むことで、利用者である住民の皆様には、低コストで高速Wi-Fiサービスを提供できるシステムを構築いたします。

日本の取組

SDGs
持続可能な社会を実現 = 社会貢献
近年、AIやビッグデータなど先端技術を活用し都市内の様々な事業やサービスに共通に使用できるデータ基盤を整備することによって、社会の在り方を根本から変えるような都市を設計する動きが国際的に急速に進展してきています。
こうした状況を踏まえ、大胆な規制改革等によって、地域の「困った」を最先端のJ-Techが、世界に先駆けて解決する「まるごと未来都市」の実現を、地域と事業者と国が一体となって目指す取組みが、「スーパーシティ特区構想」です。
弊社はその特区へエントリーし、実証実験を開始しています。

ESG環境に優しいWi-Fi

エコロジーEnvironment環境負荷軽減

Wi-FiにするとCO2を年間で1千730万t削減
環境負荷軽減

- CO2排出量 -

4G 約  3,117,600t
5G 約 14,418,900t
Wi-Fi 約    222,756t

地方創生Social地域におけるSociety5.0

デジタル格差をつくらない
デジタル格差をつくらない

社会生活を送る上で、不利益な境遇に立たされている住民の方であっても、等しくインターネットを利用できるよう、無料(もしくは著しく安価)で通信サービスを提供します。

SDGs

DXGovernanceインフラ整備は必須

自治体との公設民営
自治体との公設民営

地方自治体のガバナンスに則り、公正かつ明瞭な取引基準をクリアしていることを証明できるよう、通信インフラ(Wi-Fi)は公設民営で行います。

CONTACTCONTACT

CONTACT USお問い合わせはこちら

ページトップへ